商標に期限はあるの?

商標登録をするにはお金がかかりますが、それ以上にメリットとなることとは?また、商標登録の有効期限とは。 - 商標登録って何?

商標登録って何?

商標登録という言葉は聞いた事があっても、どういう意味なのか具体的には知らないという人も多いでしょう。
商標とは誰が作った商品なのか、誰が提供しているサービスなのか、マークで表すことです。
商品に商標がある事によって、その商品の品質や出所を明確にする事が出来、信頼性が高まると言えるでしょう。
では商標登録をする意味について紹介します。

商標登録をする4つの意味について

先ほど少し紹介しましたが商標登録をする事は、非常にメリットがある事です。
では4つのメリットについて紹介します。
「自他商品識別機能」とは、マークをつける事で自社製品と他社製品を消費者が明確に区別する事が出来るようになります。類似品などが多く出回ってしまい場合に、間違えられないようにマークをつける事で区別化を行う役割があります。

「出所表示機能」とは、そのマークが表示されている商品は、一定の出所から流通された証拠となります。
これも識別機能と似た役割がありますが、出所が同じだという意味があります。

「品質保証機能」とは、類似品が出回ってしまうと、品質が悪い商品も存在します。
しかしながら商標のマークがあるという事は、出所が一定なので品質が保証されているという事です。

そして商標の認知度が上がると、その商標があるという事は品質がよくいつも購入している商品だと安心して購入する事が出来るため、そのマークがある商品は購入したくなります。
つまり商標には「宣伝広告機能」も備わっていると言えるでしょう。

商標を登録する手続きについて

商標登録は、特許庁に商標登録の申請を行う必要があります。
申請すれば登録出来るという訳ではなく、登録要項があり、要項を全て満たしていると判断されて初めて登録が認められます。商標は先に申請し登録が認められると、他の人は同じ商標を使用する事は出来ません。

関連する記事

Copyright(C)2017商標に期限はあるの?All Rights Reserved.